北方仏教

Meaning

北方仏教 ほっぽうぶっきょう
noun (common) (futsuumeishi)
  • Northern Buddhism (as practiced in East Asia)

Kanji

Shopping

Images

北方仏教-ほっぽうぶっきょう-Northern Buddhism(四字熟語 | hofurink)4-3-4 仏教の伝来 - カトリック情報 Catholics in Japan円鏡寺 三重塔 (岐阜県北方町北方 仏教寺院) - グルコミ英語洋書 北方仏教の神々 【The Gods of Northern Buddhism : their ...英語洋書 北方仏教の神々 【The Gods of Northern Buddhism : their ...東福院 (新潟県刈羽村大字赤田北方 仏教寺院 / 神社・寺) - グルコミ円鏡寺 三重塔 (岐阜県北方町北方 仏教寺院) - グルコミ仏教伝来要図 | 世界の歴史まっぷDL藤原 崇人 (Takato Fujiwara) - 北方仏教国家としての契丹(遼 ...中国北方仏教文化研究における新視座 龍谷大学国際社会文化研究所叢書 ...円鏡寺 三重塔 (岐阜県北方町北方 仏教寺院) - グルコミ英語洋書 北方仏教の神々 【The Gods of Northern Buddhism : their ...円鏡寺 三重塔 (岐阜県北方町北方 仏教寺院) - グルコミ北方仏教その4ガンダーラ~敦煌 : まゆみ☆なむなむ円鏡寺 三重塔 (岐阜県北方町北方 仏教寺院) - グルコミ英語洋書 北方仏教の神々 【The Gods of Northern Buddhism : their ...円鏡寺 三重塔 (岐阜県北方町北方 仏教寺院) - グルコミ北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その6.復活した大同古城)北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その2.空を懸ける寺、懸空寺)北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その2.空を懸ける寺、懸空寺)北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その5.ガンダーラ仏の影響を色濃く受けている雲崗石窟)釈迦牟尼スーパースター ~仏教のつれづれ~法輪寺(ほうりんじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教の寺院。三井寺とも呼ばれ、「法林寺」「法琳寺」とも書く。宗派は聖徳宗、本尊は薬師如来坐像。法隆寺東院の北方に位置する。現存する三重塔は1975年の再建であるため、世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」には含まれていない。法輪寺は寺史に関わる史料が乏しいため、創建事情の詳細は不明であるが、発掘調査の結果等から、7世紀中頃には存在していたことは間違いない。本尊薬師如来像と虚空蔵菩薩像も飛鳥時代末期にさかのぼる古像である。三井寺と言う別名は、当寺のある三井の地名に由来し、付近に聖徳太子ゆかりと言われている3つの井戸があった所から来ている。三重塔 - 1944年、雷火で焼失後、作家の幸田文らの尽力で寄金を集め、1975年に西岡常一棟梁により再建されたもの。焼失した塔は、近隣の法隆寺、法起寺の塔とともに斑鳩三塔と呼ばれ、7世紀末頃の建立と推定される貴重な建造物であった。木造薬師如来坐像重要文化財。旧・金堂本尊で、現在は収蔵庫に安置されている。飛鳥時代後期の作。クスノキ材の一木造。像高110.2センチ。裳懸座に結跏趺坐し、施無畏与願印(右手は掌を正面に向けて上げ、左手は掌を上にして膝上に置く)を結ぶ如来像である。飛鳥時代の木彫像のほとんどがクスノキを用材としており、本像も例外ではない。木造虚空蔵菩薩立像重要文化財。飛鳥時代後期の作。クスノキ材の一木造。像高175.4センチ。旧金堂安置像で、現在は収蔵庫に安置されている。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)法輪寺 については・・http://www1.kcn.ne.jp/~horinji/index.htmlhttp://www3.pref.nara.jp/miryoku/megurunara/inori/syaji/area02/horinji/斑鳩町(いかるがちょう)は、奈良県生駒郡の町。飛鳥時代に聖徳太子の手によって法隆寺が建立されたことなどでよく知られる、古い歴史を持つまちである。法隆寺のすぐ西に広がる西里の集落は、近世初期の日本で最も組織的な力をふるった大工棟梁中井正清の育った集落でもある。大阪のベッドタウンとして都市化が進み、落ち着いた町並みも、もはや過去のものとなりつつある。南に大和川が流れ、北には法隆寺の裏山にあたる松尾山を中心とした矢田丘陵を仰ぐ。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)『いかるが』という名は、「日本書紀」にありその通釈」は「斑鳩、鳥を以て名をせしなり。」 とあり、この地にイカルという鳥が群れをなしていたことからだといわれています。スズメ目アトリ科の鳥でムクドリぐらいの大きさです。この鳥は、漢字で斑鳩・鵤(いかるが)とも書きます。(http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/icenter2/ikaruga.html より引用)斑鳩町 については・・http://www.town.ikaruga.nara.jp/http://www4.kcn.ne.jp/~ikaru-i/北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その2.空を懸ける寺、懸空寺)仏教四天王のリーダー毘沙門天!がここに北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その3.まるで生きているかのような龍が描かれた九龍壁)北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その6.復活した大同古城)北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その4.“東洋のビィーナス”が印象的な華厳寺)北方民族との戦いが繰り広げられた仏教遺産の町、大同(その2.空を懸ける寺、懸空寺)
View more

Share