マルコ福音書

Meaning

マルコ福音書 マルコふくいんしょ
noun (common) (futsuumeishi)
  • Gospel of Mark (book of the Bible)

Kanji

Shopping

Images

惠泉塾ガリラヤへ行け : マルコ福音書研究(鈴木浩 著) / 古本、中古本、古 ...ダウンロード】 新約聖書 訳と註 1 マルコ福音書/マタイ福音書 【無料 ...2マルコの福音書【60分でわかる新約聖書】 - YouTube祈りの家として」マルコの福音書11章12〜25節 - 日本メノナイト 白石 ...イーショップ教文館:福音書のイエス・キリスト2 マルコによる福音書 ...マルコ福音書を読む イエスキリストの秘密 - Shop Pauline 女子パウロ ...聖書の言葉-罪人を招くために-マルコによる福音書 2:17 | 祈りの園マルコによる福音書 hashtag on Twitterマルコ福音書(白井きく 著) / 古本はてなクラブ / 古本、中古本、古 ...マルコ福音書10章2-16節「謙遜の小道」 | 福音 お休み処思い起こし、物語れ(下巻) マルコ福音書のメッセージ|シルヴァノ ...イーショップ教文館: 聖書の研究シリーズ66 「この男は何者なのか ...画像1: マルコ福音書によるイエスの受難 (1)オアシス古書部[日本語対訳 ギリシア語新約聖書 2 マルコによる福音書 / 平野保監修 川端由喜男編訳] |  神保町の小宮山書店 / KOMIYAMA TOKYOヒロさん日記オアシス古書部ガリラヤ湖ほとりにて・・                              『悪い実を結ぶ良い木はないし、良い実をむすぶ悪い木はありません。木はどれでも、その実によってわかるものです。いばらからいちじくは取れず、野ばらからぶどうを集める事は出来ません。良い人はその心の蔵から良い物を出し、悪い人は、悪い蔵から悪い物を出します。なぜなら、人の口は心に満ちているものを話すからです。』  これは”素晴しい喩え”ですね。”マタイ福音書”では同じ”話し”がパリサイ人達に言われていますが、”ルカによる福音書”では”平地の説教”として『弟子達』に話されています。『良い木かどうか?』は『その実』で判断される。という教訓です。いくら”口で良い事ばかり言ったり”、”私はメシヤじゃ!”とか嘘を言っても、”その実”(実績・行い・業績など)を見れば、”本物だったのか?”かが解ると言う事です。つまり上っ面だけ見ても”解らない”、しかし『実(実績)』を見れば、その人が良い人か?『口先だけの悪い人』かが解るのである。・・と言う意味深い教訓です。例えば”パリサイ人”は『上っ面』では、”律法”を守る良い人ぶっている。しかし、その『実(実績・業績)』を見れば、彼らが”うわべだけの人達”である事が解る訳です。『良い木』『悪い木』を見分けるには、『実』を見れば”一目了然”と言う訳です。何故なら『良い実を付ける悪い木』は無い!『悪い実』を付ける良い木は無い!からですね。逆には『うわべだけでは”木”は解りません。・・とも言える。(うわべだけ見ても、『何の木』か実は解らない訳です。)”いばら”からは”イチジク”は採れない!”野ばら”から”ぶどう”は採れないですね。”いばら”とは刺のある植物の総称で、『イエス様』の喩られた”いばら”とは恐らく”イスラエル地方”に生えていた刺のある”野いばら”!『その”いばら”からは、”美味しいイチジク”は採れない』と言う意味ですね。”いばら”は”刺があり、”美味・イチジク”とは対極の喩になりますね。”いばら”は特に『イエス様が十字架の磔刑の時に頭に被せられた”痛い・刺のある・いばらの冠”です。”イチジク”は『福音書』で沢山登場します。実は”イチジク”は皆さんも食べますが、原産地が”アラビヤ南部”で、”イスラエル”でも沢山生えていたのでしょう。下は”イチジクの葉”と”実”です。『イエス様』は他でも喩えに多様され、『イチジクを呪う』(実の付いてない”イチジク”を呪った。『イチジクの葉と終末の喩』(イチジクの葉が出ると夏が来るように、終末の到来を察しなさい)また、”野ばら”からは”ぶどう”は採れない。””野ばら”刺刺しい(痛い)”植物で、”美味しい・ぶどう”と対極の喩になりますね。 この二つの”喩え”から、”刺刺しいいばら”から”美味しい果物・”イチジクや葡萄”は採れない。つまり、『悪い木である・いばら』からは、とても『人に役立つ・美味しい”葡萄”や”いちじく”は採れません。・・何やら”パリサイ派・律法学者”を皮肉った”喩え”になっているではありませんか?(0H!)特に”葡萄(ぶどう)は”ユダヤ”には必需品でした。乾燥地帯で”葡萄酒”は飲料として欠かせず、「イエス様時代」盛んに生産されていたのです。また”葡萄”は『キリスト』に喩えられますね。”葡萄酒”は”イエス様の贖罪の血”これも”視覚化”すると、かなり意味深ですね~。(「イエス様」は私は良い”葡萄の木”に御自身を喩えられます。)つまり『ユダヤ人』には『葡萄』が無くてはならない物・『大切な物』と言う事が一発で解ったのですね~(凄い)この”喩え”は視覚化して見ると、良く解りますよ~。次の御言葉”良い人は良い蔵から良い物を取り出し、悪い人は悪い蔵から悪い物を取り出します。に続く訳ですね。”『良い人は良い心の蔵から良い物を取り出し、悪い人は悪い心の蔵から、悪い物を取り出す』という意味ですね。』 ”刺のある植物=いばら”に喩えられている所が超意味深ですね。後に『イエス様』を十字架送りにする”パリサイ派&律法学者”を”いばら”(十字架)に喩え”、これは”未来預言”かもしれません。

私達も『うわべ』だけ見ると、この”宗教”に”本当の救い”があるのか?無いのか?”皆良い事を言う”ので解りませんが、その『実』(実績)を見れば、一目了然に『真の救いのある宗教』を見分ける事が出来る訳です。さて”真の救い”のある”宗教”は?”キリスト教”?”仏教”?”イスラム教”?”その他の宗教”でしょうか?また”口先だけ良い事を言う人”これは多いですが、『良い実(良い実績)』がある人は誰でしょうか?その人が本当に”良い人(立派な人)”ですね。どこでも”口先人間”が沢山居ますが、”口先だけ”ではすぐに”真相”がばれますね~!口先よりも、『実績(実)』によって語らなければダメですね!『人の口はその心に満ちているものを話すからです。』・・素晴しい御言葉ですね。グノーシスとキリスト教『トマスによる福音書』【書評】マルコ福音書と旧約聖書を読む_e0092118_17325362.jpg20181118.png日曜学校の絵(2)最近の投稿カテゴリーアーカイブ化よく読まれている記事ナショナルジオグラフィック日本版サイト英語で聖書を読もう!ガリラヤ湖ほとりにて・・宮村武夫牧師
View more

Share