Available on Google PlayApp Store

文殊様

harusakura123

Meaning

文殊様 もんじゅさま
noun (common) (futsuumeishi)
  • Manjusri (bodhisattva)

Kanji

    • onyomiブンモン
    • kunyomiふみあや
    • meaningsentence; literature; style; art; decoration; figures; plan; literary radical (no. 67)
    • onyomiヨウショウ
    • kunyomiさまさん
    • meaningEsq.; way; manner; situation; polite suffix

Shopping

Images

青島の鬼の洗濯岩 in 宮崎県 ⑭/14 山陽から九州へ第29回STRAMD土曜公開講座 野老 朝雄氏による『“紋と文様・個と群”の探求と創造』デジタルハリウッド大学大学院にて開催熊本県立装飾古墳館と岩原古墳群Samet【寒】cold #633 #72pt #漢字 #寒 #cold #切り絵 #papercut #彩文字 #文様 #巻水 #二十四節気 #立秋 #七十二節気 #第三十八候 #寒蝉鳴 背景 #伊藤若冲 #動植綵絵 #池辺群虫図 蜩じゃなく蝉のように見えますが、この絵以外、他に思いつかず😅 Papercutting, Paper Cut Art, Handicraft, Photo And Video, Instagram Photo, Ornaments, Craft, Arts And Craftsクリエイティブ制作に最適なストックアセットを見つけよう26sep2014  群鶴 C0047573-2バイク呉服屋の忙しい日々Hyundai Iraq
    
          Models
        
        News
      
        Philosophy
      
        History
      
          Service Booking
        
        Special Offer文様鐔鑑賞記 by Zenzai幾何学的な文様のように配された階段群文様装飾古墳今昔紀行 Past and Present Trips to Decorated Ancient Tombs in Japan                        蕨手きものの文様―13
【割付(わりつけ)】同じ文様が連続するグラフィカルな美箸袋・紅白しぼり文様Title:群白鷺文様狩衣 Group of egret. Karaginu, broad-sleeved outer cloak for the Nō drama. Date:桃山時代 Kasuga, Gifu, North Africa, Cloak, 16th Century, Kids Rugs, Drawings, Favorite, Inspirationフォント、イラスト、写真-素材の通販&ダウンロード デザインポケット「幾何学的模様」の写真素材Nishioka Pencil 西岡ペンシル (@nishiokapencil) • Instagram photos and videosPredstava “Ekvinocijo” izvedena u Kazalištu Marina Držića u Dubrovniku五台山竹林寺の御本尊は知恵の神様文殊菩薩だ。文殊菩薩をご本尊にしているのは、八十八ケ寺の中ではこの寺だけだ。真言「オンアラハシャノウ」を唱えるのはこの寺だけである。自分の記憶では中国五台山には20-30ケ寺の大小さまざまなお寺があるが、その殆どが文殊菩薩をご本尊としている。五台山はまさしく文殊の故郷である。文殊菩薩は文殊師利、即ちマンジュシュリー。満州族(マンチュウリ)が自分たちの祖先神、守り神として崇拝してる佛であり、この五台山には多くの満州人、遊牧民、チベット人が参詣に訪れてきている。平安時代、第3代天台座主慈覚大師円仁が若かりし頃唐に留学し、遥々この山上の聖地五台山にやってきて、清凉寺を訪ねたが、帰国後、その時の旅行記「入唐求法巡礼行記」を物にし、それはマルコポーロの「東方見聞録」の遥か400年も前のことであり、ツキジデスかヘロドトスか名前は忘れたが、古代ギリシャの大旅行家に匹敵する大旅行記であった。聖武天皇の命により行基がこの場所に五台山になぞられて竹林寺を創建した時は、この慈覚大師よりも100年以上も前のことであり、当然行基は五台山がどんな高い山の中にあるのかは知っていなかったに違いないが、そこが文殊菩薩の聖地であることは何かの書物、伝聞で知ることになり、この寺の御本尊を文殊としたのだろう。本堂、大師堂で参拝した後、五重塔の下まで行って、しげしげと見上げる。高くて堂々としていて立派な五重塔だ。塔の前に銘板があって、見るとこの塔は昭和55年(1980年)に建築され、総檜造り、塔内にはブッダガヤより勧請された仏舎利が収められているとのことである。今は7月で塔の周囲のもみじ葉も青々と茂っているが、秋になると見事に紅葉し、五重塔の朱色を更に赤く染めて、実に見事な景色とのこと。そうだ、巡礼の旅が終わったら、秋の頃もう一度この寺に来て、夢想疎石の庭と併せ、ただ純粋に秋の紅葉を楽しもう。そうそう、お寺の前には牧野富太郎の大きな植物園もあった。夢が膨らむ。大同「华严寺」是一个什么景点,有什么吸引人的地方和历史典故?塔下村塔下村Taxia Villagef:id:ryochi_lovelove157:20180914120038j:image文殊仙寺    文殊仙寺今、出発の刻(たびだちのとき)文殊仙寺の入口の提灯看板ことりっぷ文殊仙寺4特殊文字記号
View more

Share